HOME行動指針

「スローガン」「行動指針」とは

スローガン・行動指針は、中国地域産学官コラボレーション会議参加機関が、重点的に取り組む方向性を示すものであり、以下に掲げる内容で、平成28年7月22日に開催された第15回中国地域産学官コラボレーション会議(全体会議)にて採択されました。


ちゅうごく地域の輝かしい未来に向かって、さらに連携を進化(深化)させよう

行動指針   具体的取組例

1.連携グループの強化・広域化

  • 既存の産学金官連携の枠にとらわれず、地域内外、更には海外も視野に入れた連携を強化する。
  • 理系、文系の壁を超えた異分野融合による取組みの推進などにより、シナジー効果の飛躍的向上を目指す。
 
  1. 科学技術人材育成コンソーシアム(国立5大学連携)
  2. RubyWorld Conference
  3. 中国地域産学官連携コンソーシアム

    (さんさんコンソ)
  4. バイオマス,化学系研究会(国立5大学連携)
  5. キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)中国
  6. 産学官交流会

    (構築したネットワークを基に事業化を議論)
  7. 中国・四国圏域インターンシップ等推進事業

2.共用化と交流の促進

  • データベース・研究施設等の共用化(共有化)や、人材の育成・交流を通じて、リソースの効率化、オープンイノベーションの実現および地域の発展を担う人材の確保を目指す。
 
  1. 地域イノベーション創出シンポジウム
  2. インテレクチャル・カフェ
  3. 産総研技術交流サロン
  4. 産学官連携商品集作成
  5. コラボ会議のHP作成
  6. コラボ機関対象の産学連携先進事例視察会

3.発信力の強化

  • 地域内外・海外に対し、各機関が連携して発信を強め、共同研究の増加や、成果の販路拡大、新たな活力(企業・資金・優秀な人材)への求心力強化を目指す。
  • 成功事例の共有化果を図る。
 
  1. 大学新技術説明会
  2. 自動車分野における2030年ビジョン作成
  3. イベント情報のメルマガ配信